YouTube有料化?ユーチューバーはどうなる??

img_youtube

2015年末までにYouTubeが有料化するというウワサが聞こえてきています。
日本国内ではここ数年ユーチューバーさん達が一気に活躍し、某漫才コンビがネタの中でユーチューバーになりたいとか言ったりするくらい世間に浸透していて、人気のユーチューバーさんは何千万という稼ぎを出しているとかいないとかも聞きます。
人気のユーチューバーは別としても、現在youtubeでお小遣いほどの収入を得ているユーチューバーさんはどうなっていくのでしょう?全然稼げなくなるのか、逆にもっと稼げるようになるのか。事前情報から推察してみました。

スポンサーリンク

youtubeで収入を得る仕組みを考察

そもそもですが、youtubeでどうやって収入を得ているのでしょうか。その答えは広告収入です。youtubeでは動画に広告を貼る事が可能です。広告を貼る事でユーチューバさん達は収入を得ているのです。
再生回数に応じて料金が発生するのですが、単価が下がったりしているようで現在は再生1回につき0.1円に満たない金額になっているようです。
つまり1万再生されても500円とか、それより少なかったりのレベルです。世の中に100万回以上再生されている動画なんて腐るほどあるわけですが、再生回数が100万回以下の動画はもっともっと存在します。いわば100万超えは一握りです。一握りになれる方達は大きな収入を得ているわけですね。
少し話は逸れましたが、つまり現在はyoutubeでは再生回数に応じて収入が増えるという仕組みになっているのです。

youtube有料化で何が変わる?

現在聞こえてきているウワサによると、youtube有料化に伴い、人気ユーチューバー動画は有料登録者のみがアクセスできるようになるようです。有料登録者は広告表示も無くなる等のメリットがあるようで、さらに有料登録者限定のコンテンツ等も作られるようです。
つまり無料で見られる範囲が限定される、ということですね。

人気ユーチューバーは収入が下がる?

一見すると人気動画は閲覧数が減り、収入が減るのでは?というようにみえますが、人気ユーチューバーは有料登録者からの登録料の一定割合を受け取る事が可能になるようです。

つまりyoutubeはどうなっていくのか

このように発表されているようですが、実際人気ユーチューバーが有料じゃないと見られなくなると、少なからず再生回数は下がるはず。すると無料でも見てもらえるユーチューバー達はその分のアドバンテージがとてつもなく大きくなります。それにより再生回数としては、無料再生可能ユーチューバー人達の下剋上が起こります。
極端に言えば
人気があるユーチューバー 有料:5万人 無料:0人 再生
無料で見れるユーチューバー 有料:4万人 無料:20万人 再生
みたいな事が起こるのかもしれません。
そしてこうなった場合は無料ユーチューバーが人気ユーチューバーに格上げ、しかし人気ユーチューバーになった途端無料ユーザーの再生が0になってしまうという複雑な状況になります。無料だからシェアされやすいという利点もなくなり、トータルで見ると再生回数が激減という事もあるでしょう。
こうなった時、youtubeは全体のバランスをどのように整えるのでしょうか。
現在の発表ではまだまだ見えない所が多いので、これからのyoutubeの動向に注目したいと思います。

youtubeでお小遣いほどの収入を得ているユーチューバーは?

大半のユーチューバーさんがここに分類されるのではと思うのですが、現在お小遣いほどの収入を得ているユーチューバーさん達は、この有料化により大きなチャンスを得る人と、収入が減ってしまう人とに分かれてしまうように思います。youtube史上でも最大級の変化になるからです。
この変化は先述の通り、まだまだ見えない所が多い為、情報を早くキャッチして波に乗れたならきっと大チャンスになる事でしょう。

まとめ

わからない部分が多すぎる為、現時点での推察になってしまいましたが、youtubeに大きな変化があることは間違いありません。
大きなチャンスを掴む為、これを機にユーチューバーになってみようかなと思っております。
うそつきました、すみません。ならないです。

肩コリって治るんですかね、永遠に治らない気すらしているのですが、こんなステキアイテムを見つけたので是非使ってみようと。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>