MovableTypeでカスタムフィールドを使いVineの動画を表示させる

img_mtcustomfield

MovableTypeでVineやyoutubeなどの動画を表示させたいと思い色々と試行錯誤してみました。
普通にブログ記事にVineのタグを載せるだけでももちろん良いのですが、リッチエディタからの切替等を考えると面倒だなぁと考えたのです。そう、私は横着を極めたいのです。
というわけでカスタムフィールド使ってみましょうや!!!

スポンサーリンク

カスタムフィールドにVineのタグをそのまま設定

まずは種類をテキストにしたカスタムフィールドにVineのタグをそのまま張り付けてみました。
公開ボタンを押すと、なんと・・・・
即エラー画面が出やがりました。しかもMovableTypeのエラー画面ではなく、403 forbidden画面が出るという謎の現象。

カスタムフィールドの種類を埋め込みオブジェクトにしてみた

なんか埋め込みオブジェクトって名前がもう完全にそれっぽいじゃん!!って思ってカスタムフィールドの種類を埋め込みオブジェクトにして新規作成。そこにそのままVineのタグを設定してみましたが、こちらもダメでした。

Vineのjavascript?

MovableTypeのエラー画面じゃない所が気になり、色々と試してみようと思いました。まずはscriptタグ。Vineの独自Javascriptを呼び出しているようです。こいつをまずは外してみましょう。外した状態のタグを種類:テキストで作ったカスタムフィールドに設定。公開ボタンをポチッ。
いけるがな!!!いけるがな!!!!

知ってる人は知ってるのでしょうけど、どうもMovableTypeのカスタムフィールドにはscriptタグが使えないようです。
というわけで無事カスタムフィールドにVineのタグを設定することができました。
scriptタグはテンプレート側で呼び出しました。

まとめ

今回はMovableTypeでVineを誰でも簡単に投稿出来るような仕組みを考えていたのですが、思いのほかはまってしまいました。
なんともレベルの低いおそまつな話ですみません、しかし私の記事の内容はいつもレベルが低いのであきらめましょう。

LTE使い放題?

スマホであまりゲームをしすぎて制限がかかってしまい、ものすごく通信が遅くなってしまった事があるんですがあれってどうにかならないんですかね?家にwi-fi環境のある人はいいんですが、無い人は致命的ですよね。色々調査していると格安で便利なサービスも増えてきているようです。その中でスマモバという格安LTE使い放題サービスを見つけたのでご紹介。ドコモネットワークを使用していて高品質の安定した通信です。
スマモバって何?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>