Google Chrome(クローム)起動時に特定のページを自動で開く-起動ページ設定-

img_chrome_startup

よく使用するページをとっても簡単に開く方法です。他人が使ってたパソコンでクロームを開くとわけのわからないページが勝手に開いてきて「なんぞこれ!」となったことはありませんか?
実は知ってる人は当たり前に使っているのですが、意外と知られていない事も多い、起動ページ設定。
どんな機能かというと、クロームを起動時に前もって設定しておいたサイトを開くようにすることができます。
仕事で使ってるパソコンであれば特に、毎日絶対見るサイトがいくつかあると思います。そういったサイトを登録しておくことで毎回ブックマークからページを開いたりする手間が省けます。便利ですね、ありがたや。
設定するのはとっても簡単1分で完了!
ではさっそくやってみましょうか、そうしましょうか!!!!

スポンサーリンク

クロームで起動ページ設定方法

方法はとっても簡単!
まずはクローム右上にあるメニューボタンをバシっとクリックしてやりましょう。
img_chrome_startup01
するとこのようなメニューが出てきますので、設定をクリック!
img_chrome_startup02
ここまでくればもう敵はやっつけたも同然!
あとは起動ページを何に設定するかだけ!
まずは一番良く使われると思う特定ページを設定してみましょうか、そうしましょうか!

特定ページを起動ページとして設定する

図のように左のメニューから設定を選ぶと、起動時の設定が出てきます。
img_chrome_startup03
ページの設定というリンクを押すと、ポップアップで登録画面が出てきます。
img_chrome_startup04
起動ページとして設定したいページのURLを入れて、OKを押すだけ!超簡単!

新しいタブを起動ページとして設定する

説明するまでもなく、選ぶだけです。簡単ですね。
img_chrome_startup06

前回終了時のページを起動ページとして設定する

こちらも説明するまでもないッス。そうッス、選ぶだけッス。
img_chrome_startup05

まとめ

まぁなんと簡単なんでしょう!あなたもきっと簡単すぎて戸惑いを隠しきれていませんね!
いいんですよ、ほらもっと動揺してついつい下に設置されているFacebookやtwitterのSNSのシェアボタンを押してしまってもいいんですよ!!!
さぁ奥さん、ボタンは目の前ですよ!!!
ゆっくり、そう、ゆっくりスクロールしてください、そして激しくボタンを押下するのです!!!
というわけで今回はクロームで起動ページを設定する方法でした。

肩こりで起こる頭痛

私は肩こりがひどくなりだした頃から、頭痛ともずっとおつきあいしています。しかしたまにスッキリ肩こりがなくて、頭痛もしない朝を迎える事があります。きっと寝てる時の姿勢がよかったのかな?と思っているんですが、だったら自分に合った枕があれば毎日ハッピーじゃないかと気付きました。
「私はこれで、枕難民を卒業しました。」→まったく新しいストレートネック枕の“あり得ない”秘密とは?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>